ホーム > 中山 崇ブログ > リスティング広告 > 費用対効果が良い広告

2020.05.25UP

費用対効果が良い広告

中山 崇

中山 崇

コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム
経営コンサルタント

Blog | Takashi Nakayama

費用対効果が良い広告

実際にWEB広告運用をしていて最近効果を感じている広告がGoogleの『スマートディスプレイ』です。

※イメージ画面の広告とは異なります

 

始めることはだれでも出来るのですが、一番メリットを感じることが出来るのは30日以内に100件のコンバージョンという条件をクリアした場合です。

その条件をクリアして初めて費用対効果が高めることが出来るのです。

良い点はコンバージョンに対して費用が発生するように設定が出来ることで、どれだけクリックをされようが、コンバージョンにならない限り費用は発生しない広告に変わります。

 

CPO(1件獲得あたりの費用)を安定して件数拡大をすることが出来るため、予算の上限が決まっている場合などに効果を発揮します。

ぜひ、一度自社のアカウントが30日で100件を超えている場合は初めてみましょう!

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
リライズコンサルティング株式会社

中山 崇 Takashi Nakayama
E-mail:  t.nakayama@rerise-consulting.com
オフィシャルHP:http://rerise-consulting.com

□食品専門コンサルタントのノウハウが詰まった資料ダウンロードページはこちらhttp://bit.ly/2UuPepM
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

中山 崇

中山 崇

コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム
経営コンサルタント

Blog | Takashi Nakayama

RERISE CONSULTING Facebook

tel:0647086044

RERISE CONSULTING Facebook

上へ