コンサルティングサービス

ホーム > 中山 崇ブログ > 食品全般 > たかが容量違い、されど容量違い

2021.01.14UP

たかが容量違い、されど容量違い

中山 崇

中山 崇

コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム
経営コンサルタント

Blog | Takashi Nakayama

たかが容量違い、されど容量違い

容量の種類を2から3への変更

 

これはコカ・コーラの容量の変化です。

ちょうど1年前から容量が500ml,1500mlの2つから350ml,700ml,1500mlの3つになっただけで売上が前年2割増になっています。

 

これは購入する場所によって、飲むタイミングと家族構成が違うことから変更が加えられました。

スーパーで購入した人は家で飲む割合が72%、コンビニで購入した人は買ってすぐ飲む人が70%となっており、

2人世帯が増えていることから500mlでは少ないが、1500mlでは多すぎるという点で700mlが生まれています。

そのためスーパーでは700mlがメインになり、消費者の高齢化で一人用の500mlで多いという要望から350mlが生まれています。

 

大手でも消費者の意見を聞いて柔軟に対応しているため、小回りが利く会社でも容量の見直しも必要になってきますね。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
リライズコンサルティング株式会社
中山 崇 Takashi Nakayama
E-mail:  t.nakayama@rerise-consulting.com
オフィシャルHP:http://rerise-consulting.com
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

中山 崇

中山 崇

コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム
経営コンサルタント

Blog | Takashi Nakayama

RERISE CONSULTING Facebook

ブログ一覧

tel:0647086044

RERISE CONSULTING Facebook

上へ