コンサルティングサービス

ホーム > 佐藤 朱里ブログ > 運用 > ターゲティング広告、まずは「量」です

2021.08.30UP

ターゲティング広告、まずは「量」です

佐藤 朱里

佐藤 朱里

コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム
経営コンサルタント

Blog | Akari Sato

ターゲティング広告、まずは「量」です

こんにちは!
WEBマーケティングチームの佐藤です。

 

「誰に」「何を」「どうやって」、マーケティングの基本の3要素です。

しかし「誰に」の部分を狭めすぎると、広告はうまくいかないことがあります。

 

「誰に」を具体的に決めておくのは重要です。

とくに「特定の人物像」まで落とし込むことで、提案が具体的になり、商品や売場の訴求力を高めることに繋がります。(「ペルソナ」と呼ばれたりしますね。)

 

これがターゲティング広告も同じかというと、そうではありません。

ターゲティング広告はデータの収集量が結果に大きく影響するからです。

最初にあまりにも狭いターゲットを指定すると、十分な情報量を収集できず、最適なターゲットへ配信が出来るまでに時間が掛かってしまうのです。

 

見込みの高い人だけに配信をしたい!というのはもちろんですが、「急がば回れ」で、質の前にまずは量を担保することが最適化への近道です。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
リライズコンサルティング株式会社

佐藤 朱里  Akari Sato 
E-mail:a.sato@rerise-consulting.com
オフィシャルHP:http://rerise-consulting.com

□『食品通販専門だからできる最も費用対効果の高いリスティング広告』のページはこちら
http://u0u1.net/v4wS
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

佐藤-朱里

佐藤 朱里

コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム
経営コンサルタント

Blog | Akari Sato

RERISE CONSULTING Facebook

tel:0647086044

RERISE CONSULTING Facebook

上へ