2019.01.21UP

来る理由が多い店は、売上も大きくなる

南口 龍哉

南口 龍哉

WEB卸・人材採用 コンサルティング事業部
チーフコンサルタント

Blog | Tatsuya Minamiguchi

店に来る理由は多い方が良い。

店に来る理由が多い方が、集客が多く、結果として売上も大きくなる。

 

コンビニが最たる事例。

もちろん高い精度の売上予測に沿った陳列や
高度に仕組み化された作業もだが、
コンビニは単なる小売としての店舗ではなく、
ATM、配送、カフェなどなど、コンビニに行く理由が多いことも売上が良い理由に挙がる。

小売業態ごとの売場面積1㎡当たり年間販売額をみると(URL参照)、コンビニ(144万円)、百貨店(137万円)が百万円を超えており、以下その他のスーパー(92万円)、専門スーパー(87万円)、その他の小売店(86万円)、中心店(81万円)の順となっている。

小売業態全体平均の売場面積1㎡当たり年間販売額が約87万円に対し、コンビニは1.65倍の坪効率であることがわかる。

 

 

 6.業態別にみた単位当たりの販売額

 http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syougyo/result-2/h9/kakuho/gyoutai/page_06.html

表「第22図 売場面積1 平方メートル当たり年間販売額」参照

 

 

ネットショップも同じ。

特に食品メーカーはアイテム数が限られるため、

いかに少ないアイテムで来る理由を増やすかが重要となる。

 

お客さんが来る理由=用途

 

商材によって相性はあれど、

「来る理由を増やす」というのは原理原則。

 

では。

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□『第3回食品WEB卸セミナー』のお申し込みページを公開致しました!
大阪会場:2019年2月6日(水)
東京会場:2019年2月13日(水)
https://bit.ly/2Dq9aRW

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・食品EC&食品通販売上アップコンサルタントの南口龍哉

​ ご相談事あればお気軽にお問合せ下さい。

minamiguchi@rerise-consulting.com

​アナタのネットショップの”売れる力”を診断します。

http://​https://goo.gl/IjQ5n1

​HP: https://rerise-consulting.com/

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南口 龍哉

南口 龍哉

WEB卸・人材採用 コンサルティング事業部
チーフコンサルタント

Blog | Tatsuya Minamiguchi

RERISE CONSULTING Facebook

tel:0647086044

RERISE CONSULTING Facebook

上へ