2019.05.07UP

ファイブフォース分析とは

松山 慶

松山 慶

WEBマーケティング事業部

Blog | Kei Matsuyama

ファイブフォース分析とは

皆さま

こんにちは。リライズコンサルティングの松山です。

 

今回はファイブフォース分析についてお話し致します。

 

ファイブフォース分析とは、業界の収益性を決める5つの競争要因から、業界の構造分析をおこなう手法のことで、マイケル・ポーターの著書『競争の戦略』で広く学会やビジネス界に知れ渡った。

 

ウィキペデイアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%88%86%E6%9E%90

 

5つの要素

 

・売り手の交渉力

 

部品や原材料などの売り手が強い交渉力を持っている場合、収益性は低くなります。売り手が寡占状態である場合や、独占的技術を持っている場合、買い手は高い価格を受け入れざるを得ません。

 

・買い手の交渉力

 

買い手(顧客やユーザー)の力が極めて強いと、売り手はぎりぎりの値引きを要求され、収益があがりません。強大な購買力を持ったプレイヤーに販売する企業は、一般的に大きな収益を挙げることは難しいです。

 

・競争企業間の敵対関係

 

業界内における狭義の競争のことです。一般的に、寡占化が進んでいれば競争は穏やかなものになりますが、同程度の規模の企業がひしめいている場合、あるいは装置型産業のように固定費が多いのにもかかわらず供給過剰な場合、撤退が難しい業界では、競争は厳しくなります。

 

 

・新規参入の脅威

 

新規参入は競合企業の増加などを招くため、業界内の競合に影響を与えます。新規参入が容易な業界では、いったん業界の収益性が上がったとしてもすぐに参入者が増加し、収益性は下がってしまいます。

 

・代替品の脅威

 

ユーザーのニーズを満たす既存製品以外の製品が現れたとき、業界の収益性が低くなる可能性があります。より費用対効果の高い代替品に押されている場合は、収益性は低下します。

 

参照元URL https://www.is-assoc.co.jp/brandinglab/mcdonalds-fiveforce

 

スシローの経営環境に当てはめます。

・売り手の交渉力

→魚や米などの原材料を供給する魚介類加工業者などの交渉力が当てはまります。スシローは509店舗があり、規模の経済が働きます。スシローは食材を大量仕入れしており、グローバルフォールディングスを持つため、供給会社に対する価格交渉力が高いでしょう。

 

・買い手の交渉力

→ここでは回転寿司に来店する人が当てはまります。買い手の数やスイッチングコスト(業者を代えるために必要なコスト)、差別化された商品であるかどうか、買い手が十分な情報を持っているか、などが買い手の交渉力の強さを決めます。

 

・競争企業間の敵対関係

→スシローにとっては、かっぱ寿司、くら寿司、はま寿司、の4強が競争業者に当たります。多数の、あるいは同じくらいの規模の競合がある場合は競争が激しくなるといわれており、その点ではハンバーガー業界も当てはまります。

 

・新規参入の脅威

→大手4強で75%のシェア。新規参入を考えるのは携帯の3キャリアと同じ位難しいのではないかと考えております。

 

・代替品の脅威

 

居酒屋・丼もの・ファーストフードなどの回転ずしはすべて代替品といえるでしょう。コンビニの弁当の伸長も代替品の脅威といえるでしょう。

 

飲食店やファーストフードなどに置き換えて、業界の魅力度を分析したうえで、各社の分析を行い、独自のポジショニングを取ることが、競争戦略では重要になってきます。

 

 

松山

 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
リライズコンサルティング株式会社
コンサルティング事業部 WEBマーケティングチーム

経営コンサルタント
飲食店の通販事業立ち上げ・活性化の専門家
松山 慶  matsuyama kei

〒541-0052 大阪市中央区安土町3-4-5 本丸田ビル3F
Tel: 06-4708-6044 Fax: 06-4708-6044
mobile:090-6201-7915
E-mail: k.matsuyama@rerise-consulting.com

□食品専門コンサルタントのノウハウが詰まった資料ダウンロードページはこちら
http://bit.ly/2UBlAPX

松山 慶

松山 慶

WEBマーケティング事業部

Blog | Kei Matsuyama

RERISE CONSULTING Facebook

月別アーカイブ

ブログ一覧

tel:0647086044

RERISE CONSULTING Facebook

上へ