2017.12.21UP

負荷が成長(生産性向上)へとつながる

南口 龍哉

南口 龍哉

WEB卸・人材採用 コンサルティング事業部
チーフコンサルタント

Blog | Tatsuya Minamiguchi

本日支援先から相談の電話があった。

「販売価格を上げて良いか」の相談だった。

 

 

モツ鍋市場に後発参入ながらも、

11月中頃に立ち上がったショップが12月で早速月商300万円が見えてきた。

ただ急造ショップのため受注処理や発送がギリギリなのだ。

 

 

そこで多少、売上が下がっても良いので、

売価を上げて利益率を高めたい、という相談だった。

 

 

僕からの結論は、「即却下」。

 

モールで販売しているが、

基本的にモールは

売れる商品と全く売れない商品に別れています。

 

売れすぎている、

ので少し売価を上げて、

少しだけ売上が下がる、というものではない。

 

一気に売れなくなるのだ。

 

また発送処理も遅く、

遅延が出始めているが、

それも心を鬼にして、「やりきってください」とお伝えした。

遅い人に合わせて、売上が下がる施策を執らせるわけにはいかないからだ。

 

売上を下げての成長、効率性向上は無い。

成長も効率性向上も、やはり過度な負荷を経験してからこそ起きるからだ。

 

では。

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・食品通販売上アップコンサルタントの南口龍哉

​ ご相談事あればお気軽にお問合せ下さい。

minamiguchi@rerise-consulting.com

 

​アナタのネットショップの”売れる力”を診断します。

http://​https://goo.gl/IjQ5n1

​HP: https://rerise-consulting.com/

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

南口 龍哉

南口 龍哉

WEB卸・人材採用 コンサルティング事業部
チーフコンサルタント

Blog | Tatsuya Minamiguchi

RERISE CONSULTING Facebook

tel:0647086044

RERISE CONSULTING Facebook

上へ