トップページ > 食品通販売上アップブログ >  小ロットOEMが好調

小ロットOEMが好調

食品メーカーのBtoB通販が好調だ!

 

BtoB通販は、BtoC通販と対になる概念。

 BtoB 対業者

 BtoC 対一般消費者

 

 

食品メーカーにとっては、直接消費者ではなく

小売店や旅館、ホテルなどへの卸を通販を通じて行うのがBtoB通販である。

 

この販路については、企業ごとに

「直販」と言ったり

「卸」と言ったりと表現が異なるが、ここではBtoB通販、というくくりで進める。

 

 

特に好調なのが、「小ロット」「手作り(感)」である。

 

多様性が進む各業界の中で、

スピーディーに新商品をリリースするため、

OEMの需要は高まっている一方で、

従来のOEMメーカーだとロットが多いため、

小規模の小売店などでは在庫リスク、保管リスクの観点から倦厭している。

 

そのようなマーケットに対し、

小規模メーカーが、小ロットでOEM受託すると問合せが来る。

WEBで問合せまでの導線を整備すれば、さらに問合せは増える。

 

 

さらに効率的手作りメーカーも好調だ。

OEMニーズというより人手不足の課題解決としてのニーズがある。

 

有名ホテルや旅館なども、

以前は、職人を雇い入れて料理やスイーツを販売していたが、

人手不足、人件費高騰の煽りから、

外注へとシフトさせたいが、大量生産では自社ブランドを損なうとして、

こういった小規模メーカーに製造依頼するという案件を目にするようになった。

 

 

小ロットOEM

効率化された手作りメーカー

 

この2つのキーワードは来年目が離せないですね。

 

 

 

では。

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・食品通販売上アップコンサルタントの南口龍哉

​ ご相談事あればお気軽にお問合せ下さい。

minamiguchi@rerise-consulting.com

 

​アナタのネットショップの”売れる力”を診断します。

http://​https://goo.gl/IjQ5n1

​HP: http://rerise-consulting.com/

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

MEDIAメディア掲載情報