トップページ > 食品通販売上アップブログ >  ネットショップ基礎講座 NO3.ネットショップの売上方程式~CV率(転換率)~

ネットショップ基礎講座 NO3.ネットショップの売上方程式~CV率(転換率)~

食品通販コンサルタントの南口です。

福井県でのご支援でした。

 

 

No.3 ネットショップの売上方程式~CV率(転換率)~


 

今日も、

「ネットショップ基礎講座 NO2.ネットショップの売上方程式」 https://goo.gl/BY7Mge

「ネットショップ基礎講座 NO3.ネットショップの売上方程式~セッション数~」https://goo.gl/m6ZuV9

 

ネットショップは、

売上 = セッション数 ✕ CV率 ✕ 客単価

1)~3)を増やすためにやるべき対策を行う、という一言に尽きる。

 

 

1) セッション数を増加させる

2) CV率(転換率)を高める

3) 客単価を高める

 

 

今日は、「2) CV率(転換率)を高める」について。

 

2) CV率(転換率)を高める

 

転換率を高める際には、戦略的な6施策と戦術的な5要素がある。
① CV率(転換率)アップさせるとき考える戦略的6施策

② CV率(転換率)アップさせる戦術的5要素

 

 

① 転換率アップさせるとき考える戦略的6施策

一般的にCV率アップというと、ページの話になりやすい。ただ、CV率の多くはそれ以前に起因している場合が多い。

 

特に、次に挙げる6つに起因したCV率低下の場合、どれだけページの精度が上がったところで、

効果は限定的になりやすい。

CV率がなかなk上がらない、急に低下した場合に必ずチェックして欲しい。

  1. 商品・サービスのニーズはあるか?
  2. ターゲットにとって競合より魅力的な商品・サービスになっているか?
  3. 転換率の高い時期に集客できているか?
  4. 転換率の高い客層を呼べているか?
  5. 購入までのプロセスに問題ないか?
  6. 受注機会をロスしていないか?

 

② 転換率アップさせる戦術的5要素

CV率が上がらない、低下した時に、

上記戦略的6施策のいずれも問題無い場合、

恐らくページに問題があると考えられる。

その場合、売りたい商品のページに以下の5つの要素がしっかりと訴求されているか

今一度確認してほしい。

 

  1. 動機付け・・・その商品サービスに対する興味を持ってもら訴求。シズル感やベネフィットを訴求
  2. 品質訴求・・・商品サービスのこだわり。素材、製法、作り手の3つを訴求できているか?
  3. 信用訴求・・・第3者の評価。お客様の声、販売実績、受賞歴、メディア掲載履歴など
  4. 決断訴求・・・クロージングトーク。今ダケ、これダケ、あなたダケ
  5. 安心訴求・・・商品購入する際に感じる不安要素を取り除く 商品の同梱状態の画像を表示する、など

 

 

では。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

過去2回で240社309名が参加した

食品会社の経営者、事業責任者の90%以上が満足した食品特価型のネットショップ・通販セミナー

https://goo.gl/gnrcKW

 

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食品通販売上アップコンサルタントの南口龍哉

​ご相談事あればお気軽にお問合せ下さい。

minamiguchi@rerise-consulting.com

 

​アナタのネットショップの”売れる力”を診断します。

http://​https://goo.gl/IjQ5n1

​HP: http://rerise-consulting.com/

​・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

MEDIAメディア掲載情報